離婚や相続などの問題は専門家に任せよう~快適相談スッキリ解決~

相続に関する問題

これだけは知っておきたい

税理士

相続は誰にでも発生するものです。そこには税金がかかってくるのですから、注意する必要があります。しかし、相続税の内容を深く知るのは難しいことです。専門家でもない限り、完全に理解するのは難しいでしょう。ですが、これだけは知っておきたいことがあります。それは相続に関する期限です。 相続にはいろんな期限があります。期限を過ぎてしまったことで、税負担が重くなる。また、期限を過ぎてしまうことで、受けられる権利を逸してしまうこともあります。 相続税については専門家である税理士等に聞けばいいです。しかし、期限が過ぎてしまえば、専門家でもどうすることもできません。いろんな期限があることを知りましょう。そして、その期限がいつになるのかを理解しておきましょう。

相続に関する期限について

では、どのような期限があるのか見ていきましょう。まずは申告期限です。相続税は自ら申告しなければなりません。そして、それには期限があります。故人が亡くなった日の翌日から10か月を経過する日が期限となります。もちろん納付期限もあります。これも亡くなった日の翌日から10か月を経過する日が期限となります。 相続人は放棄をすることができますが、これにも期限があります。放棄できるのは、故人が亡くなった日の翌日から3か月を経過する日までです。これを過ぎると放棄できなくなります。申告期限よりも短いので注意が必要です。 他にも、相続税を分割で支払う延納や、金銭以外で支払う物納の期限などもあります。事前に知っているのと知らないとでは、大きく違います。いろんな期限を調べてみましょう。