離婚や相続などの問題は専門家に任せよう~快適相談スッキリ解決~

弁護士

相続に関する問題

税理士

相続は誰にでも発生するものであり、ある日突然発生する問題でもあります。相続には税金がかかってくるので全く知識が無い人にとっては酷な問題でしょう。相続に関しての相談は専門家にするようにしましょう。

Read More...

能力を知る

弁護士

税理士はたくさんいますが、人によって知識や能力は異なるので、そこを把握した上で依頼した方が良いです。優秀な税理士に依頼することで、安心して依頼内容を進めていくことができます。

Read More...

優しく相談対応

女性

離婚というのは精神的にもつらいものですが、しっかり解決を行なう必要があります。名古屋の弁護士に依頼をすることで、親権問題などの離婚相談を行なうことが可能です。また最初の依頼で1時間無料相談が出来ます。

Read More...

事故の責任

離婚は弁護士が解決の道へ導きますよ。気になる相談料はこちらで要チェック!慰謝料もしっかり請求できるので今後の生活も安心できますね。

専門家の意見を参考にすることで、離婚がしやすくなりますよ!離婚専門弁護士を探しているならこちらをチェック。

交通事故と補償について

弁護士

交通事故を起こしてしまうと、加害者は多額の損害賠償責任を負うリスクがあります。死亡事故はもちろんのこと、大きな後遺障害が残るようなケースでは、補償額が億単位となる可能性もあります。被害者保護のため、わが国では自動車の所有者は強制保険である自賠責保険に加入する義務があります。また、自賠責保険は対物補償はなく、対人補償も無制限ではないため、それ以上の負担をカバーするために任意保険に加入することが一般的です。そのため、万一交通事故の被害にあったとしても、こうした保険から十分な補償額を得られると考える人も少なくありません。

示談交渉で困ったら、弁護士に相談しよう

しかし、保険会社との見解の相違により、交通事故の後遺障害にかかる治療費等について、十分な被害額の補償を受けることのできないケースもあります。特に、むち打ち等の交通事故との因果関係の証明が難しい後遺障害については、保険会社は十分な補償額を提示しないケースも少なくありません。保険会社は交通事故の示談交渉を専門的に行っていることから、素人である被害者が台頭に示談交渉を行うことは難しいといわれています。そうした場合、交通事故の示談交渉に詳しい弁護士に示談交渉を依頼するといったことも有効になります。特に、後遺障害が認められるかどうかによって大きく補償額が変わってくるような場合は、こうした弁護士に依頼すべきであると考えられます。弁護士に相談出来る内容は事故の際だけではなく、離婚相談や相続などもあります。また、相続の手続きなどに関しては行政書士に依頼する必要があるので依頼内容を確認した上でプロに依頼すると良いでしょう。